出産する病院を決めたら(Anmeldung zur Geburt:出産に向けた登録・カルテ作り)

更新日:9月7日

ドイツではMutterpassに妊娠経過や検査結果が全て記載されているので、お産が始まって初めて出産病院に行く、ということも不可能ではありません。ただ、安全にお産をケアするために医療者は産婦さんの情報を知ることが必須であり、それは産婦さんにとっても適切なケアをうけることにつながります。そのため、出産したい病院を決めたら、その分娩室に出産予定日の4-6週間前までに登録(Anmeldung zur Geburt)しておくことを強くおすすめします。ここではEVK Düsseldorfで出産したい方に向けた事前登録について説明します。


通常だと予約を取り、実際に分娩室に来ていただき助産師と話をしながら情報を確認し、更に妊婦さんとご家族の疑問や質問に答えていきます。現在、COVID-19の感染拡大によりそれが不可能であるため、質問票(Anamnesebogen)を記入していただき、分娩室へE-Mailで送信してもらっています(妊娠33-35週頃、多胎妊娠(双子や三つ子妊娠)の場合は妊娠31週頃)。 担当Hebammeが内容を確認し、リスクのある妊娠や帝王切開などの分娩計画が必要の場合は予約日を決めるための連絡がきます。送付された質問票は、分娩室で印刷・管理され、お産で入院時となったときに担当助産師や医師が情報収集のために使用し、退院後はカルテと共に保存されます。

質問票はドイツ語、英語で用意されています。言葉に不安がある方はEVK勤務通訳の越村美恵子さんが登録を手伝ってくれますので、ご自身で連絡してください。✉︎ mieko@gmx.net


質問票 ドイツ語
.
Download • 523KB

質問表 英語
.pdf
Download PDF • 25KB

質問票の送付先

Fr. Anja Mattes (Leitende Hebamme):geburt@evk-duesseldorf.de


*記入した質問票はスキャンデータ、またははっきりと文字が読めるように撮った写真でメールに添付してください。

詳しい情報はこちらから


☆2021年4月6日 新バージョンの質問票の差し替えを行いました



160回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示