産後家庭訪問受付開始しました

お待たせしました。来年1月以降出産予定日の方を対象に、産後家庭訪問の受付を始めています。EVKでの勤務と並行となるため対応できる人数に限りがありますが、可能な範囲で産後すぐの赤ちゃんと過ごす新生活を支援させていただけたらと思います。

実は『ドイツには助産師の産後家庭訪問というシステムがある』ということが、私をドイツでHebamme(助産師)として働きたいと思わせてくれた大きな要因なんです。24時間のサポートがある病院から退院してから次の健診までの数週間は、ご両親・ご家族にとって大きな変化の時期です。そこで、家庭訪問という各ご家庭の生活の場での育児を支援できる制度はとってもすばらいものだと思います。しかも保険適応なので、保険に加入していれば金銭的な負担もありません。

いつか正式なHebammeとしてこの産後家庭訪問ができるようになりたいと思い、当時全くわからないドイツ語を始めたのが2015年の11月半ば。そこからやることは山積みで、一筋縄でいかないことはたくさんありました😅が、約6年かけてこのように夢を叶えることができたのは、本当にたくさんの方々の支えがあってこそです。ありがとうございます。


家に赤ちゃんのいる生活は、もちろん大変なこともありますが、新しい生命のパワーが溢れるものです。ご両親の不安や頑張りに寄り添いつつ、助言やサポートをさせていただけたら嬉しく思います。今後ともよろしくお願いいたします。

産後家庭訪問の内容とお申し込みはこちらから。



46回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示