COVID-19に伴うEVK Düsseldorfの面会制限(2021.5.30まで)

最終更新: 6月4日

2021年5月31日からの新しい面会制限はこちらでご確認ください


<2021年4月26日より、面会者のCovid-19 陰性証明の提示が求められるようになりました!>


病院全体としては面会禁止となっていますが、分娩室・産後病棟は以下の特例が認められています。

* 分娩の際には1名が付き添える

入院時の診察時には、まず産婦さんのみが分娩室(Kreißsaal)にきます。お産が進行しており、赤ちゃんが生まれてくる状況だと判断されれば、パートナーの方も分娩室に来てお産につきそうことができます。前期破水などでお産までまだ時間がかかると判断された場合は、パートナーの方は一度帰宅し、連絡を待ちます。お産に付き添えるのは1名のみでCOVID-19の無症状であること、感染しているリスクがないことが条件です。


* 病棟では15-19時までの間で1時間、パートナーもしくはそれに代わる1名のみの面会が可能

産後病棟の入院時には1日1名の面会が認められています。接触を最小限にするため、入院期間に面会に来られる方は同じ人にしてください(例えばパートナーの方が来た翌日は実母が面会に来る、ということは避けてください)。

分娩開始まで時間がかかる場合も、上記の面会時間・条件で面会が可能です。

面会時間外で荷物など届けたい場合は、正面玄関で部屋番号と患者氏名を伝え預けると、本人に届けられます。


面会に際して、面会者の健康状態の登録が必要になります。オンラインで行うことができます。


最新情報は病院のホームページでご確認ください。





77回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示